スローライフ・トップに戻る


若返りダイエットと成長ホルモン

脂肪を分解するホルモンに、成長ホルモンがあります。
成長ホルモンの分泌が増えると、自然なダイエットになります。

成長ホルモン(HGH)と基礎代謝 

成長期を過ぎると基礎代謝量は急減しますが、これは筋肉が減少して代謝量が減っているわけではありません。基礎代謝量の増減は、成長ホルモンの増減と密接な関係があります。

基礎代謝量は、成長期で最高潮に達しますが、この場合の代謝は、人が寝ている間に生じています。

例えば、15〜17歳というとホッソリした子が多いのですが、この年代は成長ホルモンの分泌が多く、成長に振り向けるカロリー消費が多いので、ホッソリとなります。その成長は、寝ている間に生じているのです。

細胞の分裂・増殖・再生は、睡眠時などの安静時に活発に行われます。体の再生・成長には、細胞の不活動状態を必要としているのです。夜、寝ているときに成長ホルモンの分泌が一番活発となるのはそのためです。

睡眠時に活発な代謝が生じるので、体は消化ではなく、体内の脂肪を分解してそのエネルギーを作り出します。若いと肥満になりにくいのは、このためです。

成長ホルモンの分泌は年齢とともにへっていき、基礎代謝量もへりつづけます。つまり、夜、脂肪を分解する量も減り続けているということです。

成長ホルモンの分泌が減るとともに、体や精神も安定してきます。これが成熟ということで、自然の摂理ですから、個人の意思では変えようがありません。
しかし、注目してほしいのは、成長ホルモンは大人になってからも分泌され、体を正常に維持する重要な働きをしているということです。

体を維持するためには、この成長ホルモンが不可欠で、体力の低下を防ぐカギになっているのです。

運動をすると筋肉や骨の細胞が破壊されて、その再生が必要となります。
この体の再生への必要から、成長ホルモンが分泌されます。…つまり、運動をすると若返る力が出てくるのです。

老化を防ぐために運動が必要な理由の一つがここにあります。

この成長ホルモンの働きは、寝ている間に行われます。脂肪を分解してくれるのでダイエットにもなるのです。

このホルモンの分泌を高めるためには、リラックスが必要です。空腹は緊張を呼び込み、緊張状態は副交感神経の働きを阻害して、かえってこのホルモンの分泌をさまたげます。寝る前に、空腹状態になってしまうのは避けるべきです。

アルギニン

成長ホルモンの分泌を刺激するアミノ酸に、アルギニンがあります。

いろいろな食物に含まれているようですが、アルギニンを含有している食品には、鶏肉やスルメなどがあります。消化・吸収されたアルギニンは、血液中に流れると、成長ホルモンの分泌を刺激します。
破壊された筋肉細胞は、分解されてアルギニンなどのアミノ酸となるのですが、これらのアルギニンが成長ホルモンを刺激し、再びアミノ酸からたんぱく質となり、筋肉細胞を再生させます。

スルメはコレステロールが多いなどといわれますが、食品に含まれるコレステロールは、人間の体内のコレステロール値には、ほとんど影響をあたえません。ですから、食べても大丈夫です。
(コレステロールの大半は、肝臓で合成されています。食べたものが直接コレステロールになっているわけではありません)

成長ホルモンは、夜だけでなく、1日に何度かパルス状に分泌されますので、間食でスルメを食べるのはいい方法だと思います。タンパク質をとることで、免疫力を上げることもできますし、体も再生される。女性の場合は、お肌にもいいのです。


アンチエイジングと成長ホルモン


成長ホルモンを活発化するレジスタンス・トレーニング 

筋肉は、使わないと萎縮してしまいます。
なぜそうなるのでしょうか。
ここに、運動と成長ホルモンの関係を知る手がかりが隠されていると思います。

運動をすると、多かれ少なかれ、筋肉繊維は損傷します。損傷した筋肉繊維は酵素によって分解され、アミノ酸となります。この血中のアミノ酸が、成長ホルモンの分泌を促すといわれています。

成長ホルモンは、細胞の分裂を刺激して体を再生させます。この再生への活発な刺激がないと、体は萎縮していくのです。
成長ホルモンは日に何度か、パルス状(間歇的に)分泌されますが、運動後や睡眠時の分泌量が多いことが知られています。

細胞の破壊と再生と成長ホルモン

分解された筋肉繊維は、成長ホルモンの刺激によって再生されます。このとき筋肉も、自らを再生するために、成長ホルモンを積極的に取り入れているようにも見えます。

細胞の分裂には成長ホルモンの刺激を必要としていますが、成長ホルモンだけあってもダメで、それを受けて分裂する必要性が、細胞側に無いと実際には分裂しません。
その必要性というのは、破壊された細胞の存在です。

筋肉は使うことによって維持できる、ということを考えて見てください。よく損傷した方が、よく再生していると言えるのではないでしょうか。たとえば、骨もそうです。宇宙飛行士や寝たきりの病人の骨は細ることを考えてみてください。

おすもうさんは激しい稽古があるからこそ、それだけ筋肉も損傷し、睡眠をとって多くの成長ホルモンが分泌されるので、その体は普通人に比較して巨大化するのではないかと思われます。

成長ホルモン側も、それを骨格筋などが実際に消費して、成長ホルモン(あるいはアミノ酸)の血中濃度が下がると、脳下垂体からの分泌が活発化しているように思えます。

つまり、私たちにとっても、骨粗しょう症や筋力の低下を防ぐには、そしてアンチエイジングには、運動が必須なのです。

レジスタンス・トレーニング

レジスタンス・トレーニングは、骨や腱の強化に欠かせません。40歳以上の方の運動にもおすすめです。(石井直方教授)
⇒石井直方さんの本です 「みんなのレジスタンス・トレーニング」 

最近は、フリーラジカルの発生量が少ないことから、エアロビクスよりも、レジスタンス・トレーニングの方が健康的だといわれているようです。

運動をすれば代謝能力が上がり、血流が良くなります。抗酸化物質も細胞内に取り込まれます。過激な運動はフリーラジカルを発生させて逆効果ですが、適度な運動は不可欠なのです。

コラーゲンの生成

 10代、20代の肌は独特です。その10代、20代でも輝くような肌の持ち主がいます。スポーツをやっている人に多いようですが、これには若いだけではない、理由があります。

骨が強化されるときには骨の基質中のコラーゲンの合成も盛んになります。ラーゲンの合成が盛んになると、骨や腱だけでなく、皮膚の柔軟性が増という報告があります。(石井直方教授)

 スポーツによる肉体的なストレスによって、骨や筋肉の再生が活発化します。肌も活発に再生され、輝きを増すのです。皮膚は体の中で一番分解・再生のスピードが速いところです。皮膚は身体を外部から守る最前線ですから、細胞の入れ替わりも激しいのです。ところが、年齢とともに、コラーゲンの生成能力は落ちていきます。

 コラーゲンの生成を盛んにする方法はないのでしょうか?
必要な栄養素をサプリで摂ることで、身体全体のコラーゲン合成を活発にすることができると言われています。最近ではコラーゲンの生成能力を引き上げてお肌の保水力(弾力性)や若さを保つ目的で口から体内に入れる、いわゆる経口摂取によるコラーゲンの補給が流行っています。

しかし経口摂取したコラーゲンは胃腸で一時的に分解・吸収されるため、吸収された後で再構成される必要があります。コラーゲンの生成・再構成は、どのようにして行われるのでしょう。

「コラーゲンは、二つの特別なアミノ酸、プロリンとリジンを含むタンパク質である。プロリンとリジンは、アミノ酸の水酸化反応と呼ばれるプロセスによって、コラーゲンとなるが、その反応にはビタミンCが必要で、OPCがその効果を促進させる。」
(ジャック・マスケリエ博士)

OPC(オリゴメトリック・プロアントシアニジン)とは抗酸化物質であり、ビタミンCの補因子とも言われている物質です。ビタミンCとOPCが、身体のコラーゲンの生成を加速し、その老化(硬化)をブロックします。OPCは、コラーゲンの再生と弾力性を決定的に維持するのです。

コラーゲンの生成では、もうひとつ大事な栄養素があります。MSM(有機硫黄)です。MSMをご存知でない方は次をクリックしてください。MSM(有機硫黄)について


>>>骨粗しょう症対策



トップへ 戻る 次へ

ピノキオ
ライフプラス
マルチ・ビタミン・ミネラル・食物繊維サプリ抗酸化サプリコロイダル・シルバー
プロティン・サプリ永遠に若く美しくらくらく!便秘解消法必見消化酵素