スローライフ・トップに戻る

グリセミック・インデックス


ニンジンに対するとんでもない誤解

グリセミック指数の分析は1980年代からはじまりましが、
その後計測値が誤りだったことがわかり、新しい測定値に書き換えられたケースも多い。
しかし、本来訂正済みであるはずの80年代のデータが、
いまだに使われていることがあります。
その一例が、ニンジンです。

ニンジンは血糖値を急上昇させると考えられていますが、実際はまるで違います。
1999年に発表された最新の権威ある計測データによれば、
ニンジンは低グリセミック指数食品です。

「ニンジンは、血糖値と脳にとってよい食品だ。
ニンジンは血糖値を急上昇させたりしない」
(ジェニー・ブランド・ミラー博士/オーストラリア、シドニー大学、GIに関する世界的権威)

酢は脳によい食品

酢のような酸味のある食品には、血糖値の急上昇を防いで、
脳を守る働きが認められています。
ヨーグルトも乳酸を含んでいるので、血糖値を安定させる助けになります。
(ジーン・カーパー)

酢酸(酢に含まれる)や乳酸(ヨーグルトにふくまれる)は、
胃の内容物の排出を遅らせる作用があります。
このことが、ごはんなどの高GIを、下げるように働いているのです。

オリーブ油も脳によい食品です。

グリセミックインデックス(GI)指数

食品名
GI値




ヨーグルト(無脂肪・プレーン)
ピーナッツ
大豆
チェリー
果糖
グレープフルーツ
大正金時豆
牛乳(無調整)
レンズマメ

白花豆
干しアンズ
脱脂乳(スキムミルク)
ひよこ豆
ヨーグルト(低脂肪・風味添加)
リンゴ
リンゴジュース
スパゲッティ

オレンジ
ぶどう
オレンジジュース
グリンピース
グレープフルーツジュース
オートミール(オールドファッション)
ニンジン
アイスクリーム(低脂肪)
キーウイ
パン(サワードゥー)
パン(石挽き全粒粉)
そば粉(粗挽き)
さつまいも
ポテトチップス
玄米
ポップコーン
バナナ
とうもろこし
オートミール
マンゴー
14
14
18
22
23
25
27
27
30
30
31
31
32
33
33
38
40
41
42
44
46
46
48
48
49
49
50
52
52
53
54
54
54
55
55
55
55
55
55




パパイヤ
蜂蜜
アイスクリーム(平均的)
じゃがいも(平均的)
レーズン
メロン(カンタループ)
蔗糖
パイナップル
クロワッサン
ソフトドリンク(ファンタ)
パン(全粒粉)
58
58
61
62
64
65
65
66
67
68
69




パン(白、平均的)
スイカ
白米
ジャガイモ(フレンチフライ)
クッキー(バニラ・ウェハース)
コーンフレーク
ジャガイモ(マッシュポテト・加工品)
ブドウ糖
干しナツメヤシの実
麦芽糖
70
72
72
75
77
84
86
100
103
105

※白米や玄米の指数は、料理法が不明です。
「白米」というのが、炊いたご飯かどうか?
パンと書くなら、米ではなく、「ごはん」ではないでしょうか。
「白米」なら、炊飯したものでない可能性があります。
(スローライフ管理人)

(参考文献)
「ブドウ糖革命」
(ジェニー・ブランド・ミラー博士/オーストラリア、シドニー大学助教授、トーマス・M・ウォレバー/カナダ、トロント大学))

「奇跡の脳をつくる食事とサプリメント」(ジーン・カーパー)他


トップへ 戻る 次へ


ピノキオ
ライフプラス
マルチ・ビタミン・ミネラル・食物繊維サプリ抗酸化サプリコロイダル・シルバー
プロティン・サプリ永遠に若く美しくらくらく!便秘解消法必見消化酵素