スローライフ・トップに戻る

中性脂肪を燃やす


中性脂肪をどんどん燃やすためにはどうしたら良いのでしょうか?
空腹感を覚えたら、ウォーキングなどの軽めの運動を始めることが効果的です。

お腹が減っているのに歩くなんて…と思われるでしょうが、それは「健康常識」に縛られているだけのこと。
運動をしないと、かえって空腹がきつくなります。

ダイエット体験談の中には、「天井がゆがんで見えるほどの空腹感に襲われる」、と書いているものがありますが、それを避けるには、ウォーキングなどの適度な運動を取り入れることで未然に防ぐことができます。

体を動かしていないと、血糖値が非常に低下してしまうことがあるのです。

体を動かさず、じっとした状態だと血液の循環も悪く、脂肪の分解が進みません。そのため、更に脂肪分解のためのアドレナリンが分泌されます。アドレナリン自体にも空腹感を刺激する作用があります。これが、強い空腹感の正体なのです。

もし、間食になにかチョット口にするなら、スルメがオススメで
す。スルメを手にとって見ると、量が少なくてとてもお腹の足
しにはなりそうに思えないのですが、ところが、これが不思議
に空腹感を消してくれます。
スルメにはアルギニンも豊富で、このアミノ酸が空腹感を消し
てくれるのです。

このように空腹時に運動することは、動物にとっては極めて自然な行動なのです。

血糖値の低下が空腹感を刺激するのはどんな時なのか、一度考えてみてください。
たとえば、空腹を覚えたライオンは昼寝から覚め、狩に出かけます。

このとき、ライオンの体内ではアドレナリンが分泌されて、インスリンの利きを押さえ、グルコースを使わずに脂肪を分解する体勢に入っています。
アドレナリンが出ていますから、狩に出かける攻撃的な体勢になっています。動物が狩をする…これは自然な行動なので、単なる空腹で体調が損なわれることはありません。

中性脂肪の分解を刺激するホルモンの筆頭はアドレナリンなのです。
中性脂肪を分解するとグリセロール(グリセリン)ができますが、これが肝臓でグルコースに変わります。これにより血糖値が回復するので、一時的にしろ空腹もおさまります。このように中性脂肪が燃えることが、自然にできているのです。

運動することで代謝が活発化し、筋肉は脂肪酸をより多く消費し、同時に肝臓でグルコースが合成されて血糖値も回復し、空腹感は時々思い出す程度という状態になります。

アドレナリンは、運動意欲そのものとも言えます。

空腹になると、からだは疲れを感じてしまいそうですが、実際にはそんな想像とは全然違うことに気づくと思います。アドレナリンが出ていますので、攻撃的な気分になっていて、動かそうと思えば体が動くのです。

普段は運動する気にならない人でも、このときだけは腰をあげることができるので、ウォーキングやジョギングにも挑戦してみてください。


気持ちを切り替えるためにも
できるだけ外に出て、歩いてみましょう
簡単なスポーツやゲームをするのもおススメです。





スレンダーリーン

スレンダーリーン
  スレンダーリーンは運動の効果を持続させ、効果的に脂肪を分解、燃焼させます。HSL脂肪分解酵素の働きを持続させるだけでなく、気分を爽快にし、エネルギー消費を上昇させます。
トップへ 戻る 次へ

ピノキオ
ライフプラス
マルチ・ビタミン・ミネラル・食物繊維サプリ抗酸化サプリコロイダル・シルバー
プロティン・サプリ永遠に若く美しくらくらく!便秘解消法必見消化酵素