最新健康情報


◆ストレスホルモン減少、森林浴「お薦めの森」認定へ


 自然豊かな森林の中を歩くと、リラックス効果が本当に体に表れることを、
独立行政法人森林総合研究所や日本医科大学の研究チームが科学的に裏付けた。

 ストレスホルモンの減少など、身体の生理学的データが改善していた。
森林総研などでは、調査した10か所の森林でリラックス効果の高さを個別に評価し、お薦めの森として認定する。

 森林総研の宮崎良文・生理活性チーム長らは、男子学生12人を2班に分け、国内の森林浴発祥の地とされる長野県上松町のヒノキ林など森林10か所と都市部で、それぞれ歩行や休息をしてもらった。翌日は森林と都市部で班を入れ替え、心拍や唾液(だえき)、血圧などを比較した。

 10か所中5か所で、リラックス度の指標となる副交感神経の働きが高まり、ストレスを示すホルモン「コルチゾール」の唾液中濃度も5か所で減少。そのほか血圧も5か所で下がるなど、総合的にみて、10か所すべてで森林浴の効果が確認できた。

 一方、日本医大の李卿講師らは、37〜55歳の会社員12人に、長野県飯山市の森林に3日間滞在してもらい、血液中の免疫細胞(NK細胞)を調べた。その結果、森林浴の後には、細胞数自体が多くなるとともに、抗がん作用を持つとされるたんぱく質も増え、免疫力も5割アップすることがわかった。

 宮崎チーム長は「鳥や虫の種類が多く、規模が大きく樹種も豊かな森林ほどリラックス効果が大きい傾向があった」と話している。

 ◆リラックス効果が裏付けられた森◆

 ▽岩手県岩泉町・早坂高原▽山形県小国町・温身平(ぬくみだいら)▽長野県上松町・赤沢自然休養林▽長野県飯山市・心のふるさと▽長野県信濃町・癒やしの森▽長野県南箕輪村・経ヶ岳▽長野県佐久市・癒やしの森▽山口市・東大寺再建のふるさと▽高知県津野町・天狗高原自然休養林▽宮崎県日之影町・自然の恵みが人を呼ぶ里

(読売新聞) 2月28日






過去の健康情報
コレステロールを下げ便秘も防ぐ「こんにゃく」
腸内の水分を含んでゼリー状になったグルコマンナンが、腸に長時間とどまることで、老廃物の排出を促す。
大豆タンパク質とイソフラボンの血中脂質低下作用は期待薄
イソフラボンについて、効果を示すエビデンスは貧弱で、安全性が確認されていないことから、摂取は推奨されないと結論。また、大豆たんぱく質も、HDLコレステロール、トリグリセリド、血圧などには有意な変化はないことが明らかになり、予防効果は期待できない。
脳を鍛えるゲームと栄養の力
相性のいい脂肪酸がDHA(ドコサヘキサエン酸)。青背の魚の脂だ。脳のエネルギー代謝に関わるビタミンB群や、血流改善に役立つイチョウ葉も加えたい。また、活性酸素対策にポリフェノール類もお薦め
果物と野菜を食べると脳卒中のリスクが減少
果物および野菜の平均摂取量は、ほとんどの先進国で1日当たり約3単位。1日当たり5単位以上を摂取すれば、脳卒中の発症率および致死率は大幅に減少する。
しょうゆ多糖類SPSはTh1/Th2バランスを改善
しょうゆに含まれるSPS(しょうゆ多糖類)は、Th1/Th2バランスを改善し、免疫を高める。SPSはマクロファージを活性化するのみならず、脾細胞におけるTh1/Th2バランスをTh1型にシフトする。

最新健康情報トップへ